第31回なにわ淀川花火大会_アイキャッチ

RX100M6で撮る!第31回なにわ淀川花火大会

こんにちは、ミウラアケミ(@akmnred)です。

夏といえば花火。

この時期になると、毎年Instagramは花火の投稿で溢れ返ってますね。

私もカメラが趣味になってからは、毎年どこかの花火大会に撮影に行くようにしています。

さて、先日は淀川花火大会に撮影に行ってきました。

淀川花火大会観てきました🎇
今回はRX100M6+NiSiの角型フィルターという初の組み合わせで撮影チャレンジ。
全部1枚撮り📸
RX100M6は今日も素晴らしき活躍をしてくれました😌

淀川花火大会は約60万人の動員数を誇る、大阪では天神祭に次いで大きな花火大会です。

毎年ものすごく混雑するため、撮影機材はなるべく軽装備がいいなと思い、今回はRX100M6+NiSiの角型フィルター+三脚+レリーズという最小限の組み合わせで撮影してきました!

「コンデジでどこまで撮れるかなー」という、個人的には挑戦の意味を込めた撮影でもありました。

RX100M6で撮る!第31回なにわ淀川花火大会

淀川花火大会は観覧スポットがたくさんあり、梅田や十三には有料エリアもありますが、今回は淀川河川公園の西中島エリア(無料)から撮影しました。

花火撮影に使用した機材

淀川花火大会の撮影に使用した機材をご紹介しますね。

①SONY | RX100M6

RX100M6とNiSi角型フィルター

カメラは先ほどからしつこく主張していますが、SONYのハイエンドコンデジ「RX100M6」を使用。

普段はα7RⅢのサブ機として使っていますが、旅行や遠出する時など、なるべく身軽で動きたい時には途端にメイン機へと変貌してくれる、頼れる相棒です。

②NiSi | 角型フィルター

レンズの先に装着しているのは、NiSiから販売されているRX100M6専用の角型フィルターです。

「ゴージャスな花火を合成なしで1枚の写真に収めるためには、NDフィルターは必須!」ということで今回の撮影用に購入したんですが、これが本当に優れものでした。

実際に角型フィルターを使用して撮影した写真は、後ほどご紹介していきますね。

③マンフロット | コンパクト三脚 Befree
④マンフロット | XPROギア雲台

三脚にセットしたRX100M6

写真ではわかりにくいですが、三脚はManfrotto(マンフロット)のコンパクト三脚「Befree」に、雲台だけ同じくマンフロットの「XPROギア雲台」に付け替えて使っています。

「Befree」は元々は自由雲台なんですが、自由雲台だとカメラを上手く固定できず、カメラがお辞儀してしまうため(私の使い方が下手なだけかもしれませんが)、もう2年半以上このギア雲台を使ってますね。

「Befree」の特長であるコンパクトさは損なわれてしまいますが、カメラをしっかり固定してくれるし、構図を決める時に細かく微調整しやすいので重宝してるんですよねー。

見た目がカッコイイのも個人的にグッドです!

⑤SONY | リモートコマンダー(レリーズ) RM-VPR1

最後に、花火撮影で忘れてはならないのがレリーズですね。

三脚にカメラを固定している場合でも、シャッターを切る際カメラに手が触れるため、手ブレってどうしても起きてしまうんですよね。

そんな手ブレを防ぐ目的でレリーズは重宝します。

あと花火撮影はシャッターを切るタイミングが非常に重要になってきます。

レリーズがあると、自分のタイミングでシャッター速度を調整できるため、バルブ撮影がやりやすくなり、ワンランク上の花火撮影を楽しめようになるんです。

私はSONYの純正レリーズを使用しているのですが、SONYの様々なカメラに対応しているので(対応カメラはこちら)、これ1つでα7RⅢにもRX100M6にも使えて助かってます。

シャッターだけでなく、カメラの電源オンオフ、ズーム機能、動画の録画も出来てしまう優れものです。

もちろん花火撮影以外にも使う場面はたくさんあるので、1つ準備しておくといいですね。

RX100M6で撮る!淀川花火大会

ではRX100M6とNiSi角型フィルターを使用して、実際に撮影した花火写真をご紹介していきます。

淀川花火大会の花火

RX100M6|ISO80 25mm f/11 SS/199秒

これはシャッター速度199秒で撮った写真なんですけど、真ん中あたりと屋台のライト部分が白飛びしちゃってますね。笑

「199秒はさすがに長すぎたな…」と反省しつつ、構図やシャッター速度などの調整をしていき、徐々に花火撮影の感覚を掴んでいきます。

それにしてもフィルターがあるのとないのとでは、撮れる写真がだいぶ変わってきますね。

フィルターなしの場合だとすぐに露出オーバーしてしまうため、複数の花火を1枚に収めようと思ったら、比較明合成するなどの工夫が必要になってきますからね。

淀川花火大会の花火

RX100M6|ISO80 25mm f/11 SS/111秒

こちらはSS/111秒で撮ったもの。

1枚目より白飛び具合がマシになってますよね。

淀川花火大会の花火

RX100M6|ISO80 72mm f/11 SS/44秒

RX100M6は200mmまでズームできるので、構図もかなり自由が効きます。

これは72mmまでズームして撮りました。

淀川花火大会の花火

RX100M6|ISO80 47mm f/11 SS/87秒

白飛びせずに綺麗に撮れたので、今回1番お気に入りの写真。

淀川花火大会の花火

RX100M6|ISO80 40mm f/11 SS/76秒

風向きの影響か煙が…。

淀川花火大会の花火

RX100M6|ISO80 29mm f/11 SS/60秒

淀川花火大会の花火

RX100M6|ISO80 29mm f/11 SS/41秒

赤く染まる花火は、まるで炎のようでした。

淀川花火大会の花火

RX100M6|ISO80 29mm f/11 SS/37秒

終盤に近づくにつれ花火が打ち上がる頻度も高くなってくるので、シャッター速度は少し短めに。

去年の花火撮影はシャッター速度をあまり考慮してなくて、フィナーレの写真が真っ白になってしまったので、今回はその反省を活かしてます。

淀川花火大会の花火

RX100M6|ISO80 29mm f/11 SS/33秒

フィナーレの写真。

白飛びはしなかったものの、煙が凄まじいことになってる…!

「煙さえなければ良い写真になってたのになー」と思いつつ、こういったハプニングも花火撮影ならではですよね。笑

まとめ

RX100M6とNiSi角型フィルター

RX100M6で果たしてどこまで花火を綺麗に撮影できるのかという挑戦でしたが、角型フィルターのおかげもあり、期待以上の絵が撮れて大満足です!

コンデジと言えど侮るなかれですね。

アクセス

住所 〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島2丁目
最寄駅 大阪市営地下鉄御堂筋線「西中島南方駅」より徒歩7分
阪急京都線「南方駅」より徒歩7分

関連記事

  1. 大阪駅

    カメラ・写真

    人の出会いとシャッターチャンスは一期一会|【2020年2月版】月刊ふぉとログ。

    同じ時間に同じ場所で偶然居合わせた、もしかしたらもう二度と会うことがな…

  2. 大阪駅前第3ビル展望台_アイキャッチ

    カメラ・写真

    【α7RⅢで撮影】大阪駅前第3ビルの無料展望台から見る夕景〜夜景【穴場】

    展望台や飛行機・電車内など、屋内から写真撮影する際に、窓ガラスに反射し…

  3. 黒門市場

    カメラ・写真

    人の生活に寄り添う一枚を|【2020年1月版】月刊ふぉとログ。

    「月刊ふぉとログ。」記念すべき第1回目ということで、2020年1月を写…

  4. RX100M3

    カメラ・写真

    ポケットサイズなのに高画質!SONYのRX100M3は最強のカメラだった

    ポケットに入るくらいのサイズで、常に携帯するのが苦にならなくて、でも高…

  5. 不要物削除

    カメラ・写真

    「いいねを呼び込むiPhoneコンデジ写真術」はカメラライフを見直すきっかけになった

    本書でも特に強調して伝えたいことの一つだと思うのですが、スペックの高い…

  6. 大阪のアンブレラストリート

    カメラ・写真

    【RX100M6】大阪のアンブレラストリートを撮ってきた

    Instagramでよく見かける、写真を見てるだけで心が踊ってしまうよ…

最近の記事

  1. 和泉リサイクル環境公園の菜の花
  2. 大阪駅
  3. 黒門市場
  4. 成長
  5. 【FTP不要】WordPressのサーバー移行はAll-in-One WP Migrationで決まり【10分で完了】のアイキャッチ

アーカイブ

PAGE TOP